かき氷やアイスによる頭痛について。冷たいものを食べるとなぜ頭痛になる?

こんにちは、 頭痛の専門家 鎌田雄大です。

もう梅雨も明けて夏本番になりましたね。

「暑い日が続くと、どうしても食べたくなるものがありますよね?」

そう、かき氷やアイスなどの冷たくて甘い食べ物です。

ただ、かき氷やアイスを食べた時に頭が痛くなるといったことをあなたも一度は経験あるのではないでしょうか?

なぜ、かき氷やアイスなどの冷たい物を食べると急に頭が痛くなるのでしょうか?

今日はそのかき氷やアイスを食べたことによる頭痛の原因について書いていこうと思います。

※関連記事

熱中症からくる頭痛の治し方と対処法

暑い夏こそ注意!寒暖差で起こる頭痛の対処法

かき氷やアイスを食べたことによる頭痛の原因

原因1 脳が「冷たい」を「痛い」と間違えて認識してしまっている説。

かき氷やアイスなどの冷たいものを急に食べたことで、脳が混乱し、「冷たい」と感じた場所を口や喉ではなく「頭の中」で起きていると間違った認識をしたことで頭痛が起こるというものです。

原因2 脳の血管が一時的に炎症を起こしている説。

かき氷やアイスなどの冷たいものを急に食べると、急激に冷えた口の中を温めようと脳が指令を出します。

この時に頭の中の一部の血管が拡張し、血流が急激に増えたことで、脳は一時的な炎症を起こします。

その結果、「寒冷刺激による頭痛」が起きていると考えられています。

かき氷やアイスなどの冷たい物を食べた時に起こる頭痛の原因はこの2つことが同時に発生していると言われています。

かき氷やアイスを食べても頭痛にならない方法はあるの?

はい、あります。

かき氷やアイスを食べても頭痛にならない方法をご紹介します。

1、ゆっくり食べる。

頭痛を起こさないためにも、お腹をこわさないためにもゆっくり味わって食べましょう。

2、温かい飲み物と一緒に食べる。

かき氷やアイスなどの冷たい物とホットコーヒーなどの温かい飲み物と一緒にとることで、脳への冷たい刺激が緩和されるので痛みが出にくくなります。

かき氷やアイスなどの冷たいスイーツは温かい飲み物とセットで食べましょう。

それでも頭痛が出てしまったら?

「ゆっくり食べても頭痛が出た。」

「温かい飲み物をセットで食べても頭痛が出た。」

そんな時は、アイスノンや濡れタオルなどで頭の「おでこ」「こめかみ」といった部分に当てて、頭を冷やしましょう。

頭を冷やすことで、寒冷刺激による頭痛の原因である「脳の急激な血管の拡張と炎症」を抑えられます。

頭を冷やす際は5分くらいを目安に冷やしてみてください。

※冷やしすぎは逆効果になるので冷やしすぎには注意しましょう。

まとめ

冷たいものを食べて起こる「寒冷刺激による頭痛」のメカニズムはまだまだ完全には解明されていないようです。

頭痛が起こる原因や対処法を知ったことで、今年の夏は安心してかき氷やアイスなど食べられそうですね。

家族や友人と一緒に冷たい物を食べるときはシェアしてあげてくださいね!

※関連記事

私は何をしたら頭痛が起きなくなった?

頭痛持ちだった私が、頭痛がなくなってよかった5つのこと

このブログ記事を書いた人

はじめまして、鎌田雄大です。

当整体院のホームぺージ・ブログにご訪問頂きありがとうございます。

このホームページ・ブログではおもに頭痛改善に関する情報を定期的に発信しています。

実は、私も頭痛専門の整体院を開く前は、あなたと同じように辛い頭痛の悩みを抱えていた過去がありました。

その辛い頭痛を経験し、頭痛を完治させていたったことで頭痛専門の治療家になりました。

プロフィール物語では私が治療家になるまでの経緯と治療に対する想い・理念を書いています。

※プロフィール物語はこちら

追伸:頭痛改善メルマガやっています。

『頭痛人生を卒業するためのメールマガジン』という頭痛改善のためのメールマガジンをはじめました。

このメールマガジンでは、ホームページやブログには書いていない、特別なコンテンツを配信していこうと思っています。

お届けする内容としては、ネットに載っていない、頭痛を根本的に改善するための方法や、頭痛を再発を防ぐ方法です。

『偏頭痛や群発頭痛・閃輝暗点は決して体質などではなく、根本的に改善できる症状です。』

このメールマガジンを読むことで、薬を使わずに頭痛を根本から改善できる方法知ることができます。

あなたも頭痛人生を卒業して、頭痛のない世界に出会ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA