頭痛や吐き気、めまいがある時は何科に受診する?

こんにちは、 頭痛の専門家 鎌田雄大です。

今日は、

「頭痛や吐き気、めまいがある時は何科に行けばいい?」

という質問を頂いたので、その質問に答えていこうと思います。

一般的な頭痛の原因は首や肩の筋肉のコリや首の関節の歪み、ストレートネックからきていることが多いのですが、

頭痛の他に吐き気やめまいといった症状の場合は、耳や脳の異常が原因で、きている可能性があります。

そこで、吐き気やめまいもある頭痛の方がまず、はじめに何科に受診すれば良いかお伝えします。

めまいの症状によって受診する医療機関が異なりますので、自分はどの症状が出ているか?知った上で受診しましょう。

※関連記事

『頭痛や吐き気、めまいの対処法についてまとめてみました。』

頭痛、吐き気、めまいがある場合は何科を受診すれば良いか?

頭痛や吐き気、めまいといった症状はおもに3つ科で診てくれます。

1、耳鼻咽喉科

2、神経内科・脳外科

3、整形外科

あなたのめまいのどのような症状ですか?

めまい一つとっても原因が異なり、症状によって受診する科が異なります。

まためまいの症状によって特徴がありますので、まずは自分のめまいの症状はどのような症状が当てはまるか知りましょう。

1、耳鼻咽喉科を受診した方がいいめまい

このような症状が出ている場合は耳鼻咽喉科に受診しましょう。

・頭の中がぐるぐると回るような、めまいがある。

・平衡感覚に違和感を感じるようになってきた。

・めまいの他に耳鳴りもある。

・難聴で耳が聞こえづらい。

・耳の閉そく感や詰まりを感じる。

このようなめまいの症状は、平衡感覚を司る耳の器官が原因の可能性があります。

まずは耳鼻咽喉科に受診しましょう。

2、神経内科・脳外科を受診した方がいいめまい

このような症状が出ている場合は神経内科・脳外科に受診しましょう。

・頭がふわふわするような浮遊感を感じるめまいがある。

・見ている物が二重にかすんで見える。

・ろれつが回っていないようで以前よりも話しづらく感じる。

・手や指、足にときどき、しびれを感じる時がある。

このような症状がある場合は、脳や脳の血管の異常が原因で発生している可能性があるので、神経内科・脳外科に受診しましょう。

特にふわふわするような浮遊感を感じるめまいがある方は、脳や脳の血管に異常がある可能性があるので、すぐに救急車を呼ぶなどして精密検査を受けましょう。

3、整形外科を受診した方がいいめまい

このような症状が出ている場合は整形外科に受診しましょう。

・首を動かす動作(首を回したり、頭を上下に動かす)をするとめまいが出る。

・めまいの他に首や肩が重たい。筋肉のコリが酷く感じる。

・ストレートネックで姿勢が悪い。

・首を動かすと首の関節がポキポキと音がする。

このような症状がある場合は、首の関節(頸椎)や筋肉、神経などに異常がある可能性があります。

首の関節や筋肉、神経に対して専門的に診てくれる整形外科を受診しましょう。

まとめ

今日は「頭痛や吐き気、めまいがある時は何科に行けばいい?」

という質問に答えていきました。

頭痛や吐き気、めまいといった症状をひとつとっても、それぞれ原因が異なり、

症状によってはすぐに精密検査を受ける必要があります。

まずは医療機関の検査で頭痛や吐き気、めまい原因を知り、一日でも早く症状を治していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸:頭痛改善メルマガやっています。

原因不明の頭痛を治したい、長年の偏頭痛を治したい方向けの頭痛改善メルマガを作りました。

頭痛の本当の原因についてや頭痛を根本から改善していくために重要なことをメルマガでは配信しています。

ホームページやブログには書いていない、内容の濃いモノを配信していきますので頭痛に悩む方はぜひご登録ください。

メルマガの登録は無料なので読んでおいても損はないと思います。

メルマガの登録はこちら

この記事を書いている人 頭痛の専門家 鎌田雄大

私は10代~20代までの間、、姿勢不良による、頭痛に悩まされてきた人生を長い間送ってきました。

頭痛がある時は、いつも〇ファリンや〇キソニンなどの市販の頭痛薬をいつも当たり前のように服用していました。

頭痛がある時=〇ファリン、〇キソニン

が当たり前の生活を送っていました。

しかし、長年、薬を服用してきたことによって薬を飲んでも頭痛が消えない。という辛い体験がきっかけに、ある日、私の人生は変わりました。

薬を当たり前のように服用していた頭痛持ち私が、今では他人の辛い頭痛という症状を治す立場の人間になりました。

私が頭痛の治療家になった経緯や治療の理念はこちらのページにまとめています。

『私が頭痛治療家になるまでの物語』

ぜひこちらもお読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー