かき氷やアイスによる頭痛について。冷たいものを食べるとなぜ頭痛になる?

こんにちは、 頭痛の専門家 鎌田雄大です。

もう梅雨も明けて夏本番になりましたね。

「暑い日が続くと、どうしても食べたくなるものがありますよね?」

そう、かき氷やアイスなどの冷たくて甘い食べ物です。

ただ、かき氷やアイスを食べた時に頭が痛くなるといったことをあなたも一度は経験あるのではないでしょうか?

なぜ、かき氷やアイスなどの冷たい物を食べると急に頭が痛くなるのでしょうか?

今日はそのかき氷やアイスを食べたことによる頭痛の原因について書いていこうと思います。

※関連記事

『暑い夏こそ注意!寒暖差で起こる頭痛の対処法』

かき氷やアイスを食べたことによる頭痛の原因

原因1 脳が「冷たい」を「痛い」と間違えて認識してしまっている説。

かき氷やアイスなどの冷たいものを急に食べたことで、脳が混乱し、「冷たい」と感じた場所を口や喉ではなく「頭の中」で起きていると間違った認識をしたことで頭痛が起こるというものです。

原因2 脳の血管が一時的に炎症を起こしている説。

かき氷やアイスなどの冷たいものを急に食べると、急激に冷えた口の中を温めようと脳が指令を出します。

この時に頭の中の一部の血管が拡張し、血流が急激に増えたことで、脳は一時的な炎症を起こします。

その結果、「寒冷刺激による頭痛」が起きていると考えられています。

かき氷やアイスなどの冷たい物を食べた時に起こる頭痛の原因はこの2つことが同時に発生していると言われています。

かき氷やアイスを食べても頭痛にならない方法はあるの?

はい、あります。

かき氷やアイスを食べても頭痛にならない方法をご紹介します。

1、ゆっくり食べる。

頭痛を起こさないためにも、お腹をこわさないためにもゆっくり味わって食べましょう。

2、温かい飲み物と一緒に食べる。

かき氷やアイスなどの冷たい物とホットコーヒーなどの温かい飲み物と一緒にとることで、脳への冷たい刺激が緩和されるので痛みが出にくくなります。

かき氷やアイスなどの冷たいスイーツは温かい飲み物とセットで食べましょう。

それでも頭痛が出てしまったら?

「ゆっくり食べても頭痛が出た。」

「温かい飲み物をセットで食べても頭痛が出た。」

そんな時は、アイスノンや濡れタオルなどで頭の「おでこ」「こめかみ」といった部分に当てて、頭を冷やしましょう。

頭を冷やすことで、寒冷刺激による頭痛の原因である「脳の急激な血管の拡張と炎症」を抑えられます。

頭を冷やす際は5分くらいを目安に冷やしてみてください。

※冷やしすぎは逆効果になるので冷やしすぎには注意しましょう。

まとめ

冷たいものを食べて起こる「寒冷刺激による頭痛」のメカニズムはまだまだ完全には解明されていないようです。

頭痛が起こる原因や対処法を知ったことで、今年の夏は安心してかき氷やアイスなど食べられそうですね。

家族や友人と一緒に冷たい物を食べるときはシェアしてあげてくださいね!

追伸:頭痛改善メルマガやっています。

原因不明の頭痛を治したい、長年の偏頭痛を治したい方向けの頭痛改善メルマガを作りました。

頭痛の本当の原因についてや頭痛を根本から改善していくために重要なことをメルマガでは配信しています。

ホームページやブログには書いていない、内容の濃いモノを配信していきますので頭痛に悩む方はぜひご登録ください。

メルマガの登録は無料なので読んでおいても損はないと思います。

メルマガの登録はこちら


この記事を書いている人 頭痛の専門家 鎌田雄大

私は10代~20代までの間、、姿勢不良による、頭痛に悩まされてきた人生を長い間送ってきました。

頭痛がある時は、いつも〇ファリンや〇キソニンなどの市販の頭痛薬をいつも当たり前のように服用していました。

頭痛がある時=〇ファリン、〇キソニン

が当たり前の生活を送っていました。

しかし、長年、薬を服用してきたことによって薬を飲んでも頭痛が消えない。という辛い体験がきっかけに、ある日、私の人生は変わりました。

薬を当たり前のように服用していた頭痛持ち私が、今では他人の辛い頭痛という症状を治す立場の人間になりました。

私が頭痛の治療家になった経緯や治療の理念はこちらのページにまとめています。

『私が頭痛治療家になるまでの物語』

ぜひこちらもお読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー