偏頭痛に効く食べ物を知って偏頭痛を防ごう。

こんにちは、 頭痛の専門家 鎌田雄大です。

今日は偏頭痛に効く食べ物についてあなたにシェアします。

偏頭痛持ちのあなたは整体や整骨院での施術の他にも食べ物で偏頭痛の症状を減らしていけるのをご存じですか?

偏頭痛はおもに血管が拡張することで起こる痛みの症状です。

ですので、血管が拡張する食品を避けるだけでも偏頭痛を減らし、防ぐことができるのです。

そこで、偏頭痛持ちのあなたが食べるべき食品とNGな食品を教えます。

普段の食事を変えるだけでも頭痛を減らし、防ぐことができるので、この機会に食生活を見直してみてくださいね。

※人気記事

『【体験談】何をしたら頭痛が起きなくなった?』

『【体験談】頭痛持ちだった私が、頭痛がなくなってよかった5つのこと』

偏頭痛に効く、防ぐことができる食べ物

偏頭痛に効く食べ物その1:ビタミンが多く含まれている食べ物

ほうれん草などの緑黄色野菜

しいたけ、エリンギなどのキノコ類

マグロ、サンマ、ブリ、サバなどの青魚類

偏頭痛に効く食べ物その2:マグネシウムが多く含まれている食べ物

わかめ・ひじきなどの昆布類

・豆腐、味噌、納豆などの大豆製品

アーモンド、カシューナッツ、クルミなどの種実類

偏頭痛に効く食べ物その3:カリウムが多く含まれている食べ物

・春菊

・ブロッコリー

・人参

・ジャガイモ

・バナナ

・枝豆など

偏頭痛に効く食べ物その4:亜鉛が多く含まれている食べ物

卵黄

あさり、カキなどの貝類

以上、偏頭痛に効く食べ物を紹介しました。

次に血管が拡張してしまいやすく、偏頭痛持ちの方にはNGな食べ物を教えます。

偏頭痛を引き起こしてしまうNGな食べ物と飲み物

NGな食べ物その1:ポリフェノールが含まれている食べ物

赤ワイン

・ブルーベリー

・カシス

・ブドウ

・ココア

・チョコレート

NGな食べ物その2:チラミンが含まれている食べ物

熟成チーズ

・漬け物類などの発酵食品

・魚の燻製

イチジク

・ミカンやグレープフルーツなどの柑橘類

NGな飲み物:カフェインが含まれている飲み物

コーヒー

緑茶

・紅茶

コーラーやエナジードリンクなどのカフェイン入り飲料

以上が偏頭痛を誘因してしまいやすいNGな食べ物と飲み物になります。

頭痛持ちの方は特にカフェインが含まれている飲み物を日常的に摂取していると思います。

食べ物を制限することが難しい方は、まずは今飲んでいるコーヒーや清涼飲料水から、水やカフェインレス飲料に変えてみましょう。

普段の飲み物を水に変えるだけでもかなり体調が良くなるので一度、試してみてください。

サプリメントから摂取することで偏頭痛を防ぐことも可能です。

今日は偏頭痛に効く食べ物を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

もしかすると、

「偏頭痛に効く食べ物は分かったけど、毎日、同じような食べ物を摂ることはできないよ。」

という方がおられると思います。

そんな方はサプリメントからビタミン、マグネシウム、亜鉛といった栄養を摂ってみてください。

サプリメントのメリットは小食な方や、時間がない方でも必要な栄養が簡単に摂取できることです。

サプリメントでも必要な栄養を摂取して偏頭痛を防いでいきましょう。

と、いうことで、今日はこの辺で終わりにしようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸:頭痛改善メルマガやっています。

原因不明の頭痛を治したい、長年の偏頭痛を治したい方向けの頭痛改善メルマガを作りました。

頭痛の本当の原因についてや頭痛を根本から改善していくために重要なことをメルマガでは配信しています。

ホームページやブログには書いていない、内容の濃いモノを配信していきますので頭痛に悩む方はぜひご登録ください。

メルマガの登録は無料なので読んでおいても損はないと思います。

メルマガの登録はこちら

この記事を書いている人 頭痛の専門家 鎌田雄大

私は10代~20代までの間、、姿勢不良による、頭痛に悩まされてきた人生を長い間送ってきました。

頭痛がある時は、いつも〇ファリンや〇キソニンなどの市販の頭痛薬をいつも当たり前のように服用していました。

頭痛がある時=〇ファリン、〇キソニン

が当たり前の生活を送っていました。

しかし、長年、薬を服用してきたことによって薬を飲んでも頭痛が消えない。という辛い体験がきっかけに、ある日、私の人生は変わりました。

薬を当たり前のように服用していた頭痛持ち私が、今では他人の辛い頭痛という症状を治す立場の人間になりました。

私が頭痛の治療家になった経緯や治療の理念はこちらのページにまとめています。

『私が頭痛治療家になるまでの物語』

ぜひこちらもお読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー