カエル体操で肩こりを防ごう。

こんにちは。
頭痛の専門家 鎌田雄大です。

今日は肩こりに悩むあなたに最適なセルフケアの方法をお伝えします。

簡単なセルフケア法ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

かえる体操 その1

はじめに:体操の姿勢は立ったままでも座ったままでもできます。

はじめにこのように手を開いて胸を張りましょう。

※背筋を伸ばし、手はこれくらい開きましょう。

※後ろから見た姿勢です。肩甲骨をできるだけ立てましょう。

両手を開くときはゆっくりと開き、開くときは鼻で息を吸いながら広げてください。

次に両手を閉じます。

※ゆっくり広げたら、両手をゆっくり閉じましょう。

閉じるときは鼻で息を吐きながら閉じましょう。

『この体操を5回~10回くらいしてください。』

かえる体操 その2

はじめにこのように背筋を伸ばして胸を張りましょう。

※このように胸を開くように両手を広げましょう。

次に手を開いたまま片方の腕を下へ引きましょう。

※手を開いたまま片方の腕を下へ引きましょう。ゆっくり下へ引いてください。

下へ引いた腕を戻し、今度は反対側の腕を下へ引きましょう。

※肩甲骨を下におろすイメージで下げると上手くストレッチがかかります。

『この体操を5回~10回くらいしましょう。』

【注意事項】

・肩に痛みがある場合は控えましょう。

・かえる体操をしていて、肩がゴリゴリなるようでしたら、肩まわりの筋肉のコリと肩関節がズレの可能性があります。筋肉のコリと関節のズレが肩こりを引き起こしています。これ以上悪化する前に早めの治療をおススメします。

まとめ

いかがだったでしょうか?
このかえる体操は立ったままでも座ったままの姿勢でもできます。
いつでもどこでもできる簡単な体操です。

ちょっと肩がこったなぁ~。
首が重たいなぁ~。

と言う時にぜひ試してみてくださいね。

追伸:頭痛改善メルマガやっています。

原因不明の頭痛を治したい、長年の偏頭痛を治したい方向けの頭痛改善メルマガを作りました。

頭痛の本当の原因についてや頭痛を根本から改善していくために重要なことをメルマガでは配信しています。

ホームページやブログには書いていない、内容の濃いモノを配信していきますので頭痛に悩む方はぜひご登録ください。

メルマガの登録は無料なので読んでおいても損はないと思います。

メルマガの登録はこちら

この記事を書いている人 頭痛の専門家 鎌田雄大

私は10代~20代までの間、、姿勢不良による、頭痛に悩まされてきた人生を長い間送ってきました。

頭痛がある時は、いつも〇ファリンや〇キソニンなどの市販の頭痛薬をいつも当たり前のように服用していました。

頭痛がある時=〇ファリン、〇キソニン

が当たり前の生活を送っていました。

しかし、長年、薬を服用してきたことによって薬を飲んでも頭痛が消えない。という辛い体験がきっかけに、ある日、私の人生は変わりました。

薬を当たり前のように服用していた頭痛持ち私が、今では他人の辛い頭痛という症状を治す立場の人間になりました。

私が頭痛の治療家になった経緯や治療の理念はこちらのページにまとめています。

『私が頭痛治療家になるまでの物語』

ぜひこちらもお読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー